ESR リートマネジメント

ESRリートマネジメントは、物流施設に特化した不動産投資法人の資産運用会社です。
深い知識と市場の理解により、投資主価値の最大化を実現します。

Messageご挨拶

ESRリートマネジメント株式会社は、物流施設に特化した不動産投資法人の資産運用を担うことを目的にESR(株)の子会社として2016年5月に設立されました。ESRグループはアジア全域を対象に物流施設の開発運営に特化するリーディングカンパニーのひとつであり、物流に関する様々な課題に対し付加価値の高い解決策を提供することで顧客の利益を最大化し、その事業拡大に寄与することに注力しています。

ESRグループは、レッドウッドグループとe-Shangが2016年1月に合併して誕生しました。レッドウッドグループの創業者(二名)は日本に近代的物流施設を紹介したパイオニアとして知られています。一方、e-Shangはウォーバーグ・ピンカスの子会社と二名の中国人企業家により創業されました。以来、中国での近代的物流施設の開発・運営・所有会社の代表的な一社として飛躍的な成長を実現し、その後韓国にも進出し事業を拡大しています。

アジアにおける近代的物流施設は、e-commerceの急速な成長、サプライチェーンの再構築および荷主向け物流サービス提供を行なうサードパーティロジスティック業者による物流事業の効率化などを背景にその需要が拡大を続けており新規供給も爆発的に増加しています。

近代的物流施設においてはその競争力を維持するために、物流業界をあげてAI(人口知能)の活用を含めた解決策を模索しておりロボットとの共存も見られるようになりました。 物流の現場において著しいイノベーションが期待される今後は、より多くの機会やチャンスが提供されると考えています。このような環境はESRグループが目指す人間にやさしい施設という方向性を大きく後押ししてくれるものです。

ESRリートマネジメント株式会社は、ESRグループの企業理念を実現することを通じて、最高水準の説明責任を果たすために全力を尽くします。そのうえで投資主の皆さまとは良好かつ長期的な関係を維持し投資主価値の向上に努めてまいる所存であります。

野中 知之

代表取締役社長
野中 知之

Management Policy運用方針

  1. 投資運用業者として受託者責任を十分に認識のうえ、投資主価値の最大化に努めます。
  2. 資産運用業の遂行においては持続性のある最善の方法を通じてコンプライアンスの徹底を図ります。 
  3. 賢明な資本政策およびリスク管理の方法を用い、投資基準に合致しかつ投資主価値を向上させる事業機会に投資を実施します。
  4. 公正かつ透明性のある方法を通じて迅速な情報開示を行い、誠実さ、忠実さおよび信頼性を醸成します。

Company Profile会社概要

商号
ESRリートマネジメント株式会社
ESR REIT Management Ltd.
所在地
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-17 神谷町プライムプレイス 3階
設立年月日
2016年5月31日
資本金
1億9,250万円
株主構成
ESR株式会社(100%)
事業内容
投資運用業
役員
代表取締役社長
野中 知之
取締役
高島 健一郎
取締役
スチュアート・ギブソン
監査役
桃井 創土史
免許・認可
宅地建物取引業
東京都知事(1)第99497号
取引一任代理等認可
国土交通大臣認可第117号
金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第2999号

Human Centric Design人を中心に人に優しいデザイン

ESRグループは、物流施設において我々の考えるSustainability Initiatives(持続性のあるリーダーシップ)とHUMAN CENTRIC DESIGN(人を中心に人に優しいデザイン)を具現化し、物流施設の既成概念を変え、進化させていきたいと考えております。このHUMAN CENTRIC DESIGNのフレームワークは、より良い社会を築くために人を中心におくESRのビジョンと合致するもので、弊社の基本理念になっています。人を中心にした観点からの開発は、お客様にとって、より大きな価値をご提供できるだけでなく、社会への帰属意識を高めるものになると確信しています。この理念のもとで導入された従業員のための託児所「BARNKLÜBB(バーンクラブ)」やラウンジ「KLÜBB Lounge(クラブラウンジ)」は、ESRのトレードマークと言えるものです。

Organization Chart組織図

組織図