POLICY ON CUSTOMER-ORIENTED BUSINESS CONDUCT顧客本位の業務運営に関する取組方針

ESRリートマネジメント株式会社(以下、「当社」といいます。)は、より一層の顧客本位の業務運営の定着に向けて、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、以下のとおりその取組方針(以下、「本取組方針」といいます。)を定めます。
当社は、お客さまに一番信頼される資産運用会社となるため、本方針を策定し以下の具体的取組みを実践してまいります。
また、より良い業務運営を実現するため、具体的取組みを随時見直して改善を図るとともに、取締役会等で定期的に確認します。

1.顧客本位の業務運営

当社は、顧客本位の業務運営を実現するための運用方針を定め、当社のウェブサイトにて公表します。
また、業務運営の取組状況については定期的に確認し、より良い業務運営を実現するため、見直しを行います。

2.投資主の最善の利益の追求

当社は、企業倫理や法令遵守等の実践に努め、利益相反対策と第三者性を確保した運営体制及び透明性の高い情報開示により、投資主の最善の利益を重視した誠実・公正な業務運営に努めます。当社は、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。

3.利益相反の適切な管理

当社は、利害関係者の範囲を適切に把握し、法令及び社内規則に基づき、利害関係者とESRリート投資法人(以下、「本投資法人」といいます。)との各種取引について、第三者性を確保したコンプライアンス委員会による事前審議・決議を行うなど社内規則に定める審査手続きを経ることにより、当該利害関係者との取引により本投資法人に不利益が生じることのないよう、厳格に審査を行った上で取引の実施に努めます。

4.手数料等の明確化

当社は、本投資法人における業務、事務等が外部に委託される仕組みであること及び当該外部委託により本投資法人が負担する各種手数料・報酬について、投資主の皆様が理解できるように情報提供します。

5.重要な情報の分かりやすい提供

当社は、法令等に定める情報開示に加え、資産運用報告及び本投資法人のウェブサイト等において、本投資法人の決算概要や重要な情報について、投資家の皆様が理解できるよう分かりやすい情報開示に努めます。

6.顧客にふさわしいサービスの提供

当社は、当社が提供する資産運用サービスについて、投資法人規約を遵守し、運用ガイドラインに定める各種方針に従った業務運営を遂行していきます。
また、不動産マーケット環境の変化に応じて、中長期的に投資主価値の向上につながると判断される場合には、運用ガイドラインを機動的に改定し投資主価値を最大化していくことを目指します。

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

役職員の一人ひとりがプロフェッショナルとして高い品質の価値提供に努めます。また、当社は、誠実・公正な業務運営及び利益相反の適切な管理等を徹底するために、全役職員を対象としてコンプライアンスに関する研修等を継続的に実施します。

以上

制定: 2020年11月18日